硬水と軟水の使い分けはこれ!

硬水と軟水の使い分けはこれ!

硬水と軟水の使い分けはこれ!

天然水といっても、沢山の種類があり、使用用途もそれぞれ異なります。

 

その中で、わかりやすく普段の生活での使い分けとして
硬水と軟水の違いについて説明します。

 

硬水と軟水の違いは、カルシウムやマグネシウムの含有量です。
これらが多く含まれているのは硬水、少ないものは軟水という考え方でいいと思います。

 

 

 

 

まず硬水は、日本ではあまり馴染みのない水です。
店頭ではよく売られていますが、外国産がほとんどですね。

 

洋食洋食

 

料理では主に洋食によく使われている水で、パスタなどのコシをだしたり、
肉の臭みを取り除いたり、アク汁を取り出しやすくしたりします。
また、コーヒーのエスプレッソに使うと苦味を抑える役割も果たします。

 

 

ただ、炊飯に使うと、ご飯がパサパサしてしまうというデメリットがあります。
なので、洋食料理には向いても和食料理には向かない場合が多いです。

 

 

日常では、スポーツをした後のミネラル補給水に使われているんですよ。
単純にカルシウムやナトリウム不足の場合はうってつけですね。
ダイエット時の便秘解消にも一役かっています。

 

 

 

 

続いて軟水ですが、これは日本で主に使われている馴染みのある水です。

 

 

飲みくちは柔らかく、赤ちゃんのミルクなどにも適しています。

 

 

料理では、炊飯時にご飯が美味しく炊ける。だし汁を作るときに、
グルタミン酸の旨味成分を引き立てる効果もあるので、
和食料理にはピッタリの水が軟水だと言えます。

 

和食

 

言い換えると、本来の味を損なうことなく、美味しく料理が出来るってことですね。

 

 

飲用水としても飲みやすさでは軟水に軍配が上がるでしょう。
硬水は、ダイエットなどの特別な場合に使用する事が多いです。

 

 

ネイフィールウォーターで使用している4つの天然水は
主に軟水が多いので、普段の生活に適した天然水といえますね。

 

 

 

・妊婦や赤ちゃんへの影響は? ・ボトル交換の手間は? ・ボトル処分の方法は?
・サーバーのメンテナンスは? ・◯◯は永年無料! ・選べる3タイプのサーバー
・消費電力はどうなの? ・他社との比較! ・現在のキャンペーン内容